尾長チャレンジ 2017 春 由良半島

愛媛県 由良半島で尾長狙い!

5月のゴールデンウィークに由良半島の1級磯に尾長グレを狙いに行ってきました!今年は産卵が遅れているのか未だに場所によっては口太グレの産卵が行われているようです。そんな中、尾長の反応はいかに!

早朝から磯に上がり釣り開始です!開始後しばらくはアタリが無く苦戦を強いられます。5月にグレが釣れるって?本当か?出発前に言われた言葉が頭をよぎります。

その突破口を開いたのがザキ師匠!見事に良型の口太をポロポロと掛けていきます。パターンにハメたみたいでやることなす事全てが上手くいって1投1匹のペースになってきました。

沖は湧きグレがまだ泳いでいます。そんな中、私にはほとんどアタリが出ず厳しい展開になってきました。

気分転換に少しカゴを投げてみました!ヒラマサ天剛に底カゴをぶら下げて大遠投!仕掛けが落ち着きウキが立ち馴染みます。その仕掛けが数メートル流れた瞬間!視認性の良い大型のウキが一瞬で視界から消えます。すかさず合わせを入れると強烈な引き!バラしてはなるものかと少しドラグを緩くしたのが間違いでした。そのまま根に持って入られてしまい痛恨のラインブレイク。大物だっただけに悔やまれます。

そうこうしていると、尾長の時合いがやってきました!ザキ師匠が竿を曲げてスピード感のある引きを耐えています。そして何とか取り込めたのは40㎝級の尾長です!そこから怒涛の尾長ラッシュにはなりますが、根がめちゃくちゃキツイためヒットする度に鉤を飛ばされたり、ウキを飛ばされたりでなかなかキャッチできません。

時合いに突入したので私も再びグレ狙いに戻ります。そしてやっとの思いで何とか良型口太をキャッチすることができました。そしてここから私にも尾長らしきアタリが出始めます!

沖を流していたウキが一瞬で水中に吸い込まれたかと思うと竿に重みが乗り、竿でためようと踏ん張りますが一瞬で根にアタってラインブレイクしてしまいました。1ミリも糸を出さずに耐えようとしますが、相手のスピードには立つ手がありません。

その後も同様のアタリが何度かありましたが、全部切られる始末で、自分の腕の未熟さにあきれるばかりでした。

ザキ師匠は見事に良型口太や尾長を数釣っていました。流石としか言いようがありません。