2017年 春 尾長チャレンジ in 沖の島 高知県 名礁「幼稚園」!

沖の島に尾長狙いで行ってみました!

日本屈指の尾長釣り場である鵜来、沖の島!デカパン尾長の生息地として全国から数多くの強豪が訪れる憧れの地であります!ピースこと平和卓也さんの動画でも毎年訪れて尾長狙いをされています。その動画で見たことがある沖の島の幼稚園という磯に今回渡ることになりました!

平和卓也さんが竿を出していたポイントで同じように竿を出して尾長グレが狙える!という喜びだけで胸がいっぱいです。ミーハーな私は平和さんが座って支度をしていた場所に同じように陣取り、立ち位置も全く同じところにセットします。

ただこの時期は殆ど釣れていないということで、期待はできない中での釣行です。磯に上がってセッティングを終えると、磯際に撒き餌を撒いて様子を見ますが全く魚の気配がありません。やはり今回はやらかしてしまったようです。そんな不安感を持ちながら釣りを開始します。しかし案の定あたりはほとんどありません。

沖では湧きグレが少し見えています。湧きグレが出始めるとだんだん釣るのが難しくなってきますが、この釣行もまさしくそのような感じです。

しかし、根気強く潮を見ながら仕掛けを入れ込んで張りを作っていると「ドン」と竿先にダイレクトにアタリがきます!合わせを入れると竿に重みが乗ったと思った瞬間に針ハズレです。数少ないアタリをモノにできなかったので今日はほとんど期待が出来ません。

こうなったら湧きグレでも食わせるしかありません。途中、湧きグレをターゲットに定めて狙い始めたと思うとすぐにアタリ!そっと糸を巻きながら重みを感じたら竿を起こしてゆっくりとやり取りをします。そして釣れたのは30センチ後半の口太です。何とかボーズは逃れました。

しかしこの日は一日中尾長の姿は見えませんしでした。途中やる気のあまりない口太が竿下を泳いでいくのが2回ほど見えましたが活性は上がらず、1匹だけの釣果となってしまいました。

この日同行した他のメンバーもグレを手にすることができず、私の釣った貴重な1匹だけでした。

あっそうそう、この幼稚園でひとつ恐ろしい出来事を体験したのでお伝えしますね。渡船の見回りで弁当を運んでくれるのですが、その弁当を食べながら景色を見ていると急に弁当をもった手に「バサッ!」という大きな音と、衝撃が走りました。まさに青天の霹靂ですが、気がついて我に返ってよく見てみると弁当のおかずがひとつ無くなっていました。そうです上空を気持ちよく飛んでいたはずのトンビがよそ見をした私の弁当を狙って急降下してきたのです。そして見事に弁当のちくわを摘んで逃げていきました。ほんと危険なので皆様はシッカリと注意してくださいね!