2017 春 愛媛県 中泊 50㎝オーバーの口太

フカセ釣りデビュー!

フカセ釣りを始めたのが2016年の12月で、それまではブラックバス釣りに始まり、チヌの団子釣り、紀州釣り、ソルトルアー、カゴ釣りをやってきました。

今までなぜかフカセ釣りには縁がなく、たまたま手を付けていなかったのですが運良く昨年の暮にきっかけがあり始めることになりました。

初めての釣行は愛媛県の1級磯!「竹ヶ島1番」でした。

寒グレ狙いでデビュー戦となりました。幸いこの日は開始から10分で口太をキャッチすることができました。これが私のフカセ釣り第1号のメモリアルフィッシュとなりました!

しかしその後、グレの引きの強さに負けて、掛けては切られを繰り返して悔しい思いを続けてきました。

2017 春 最後のチャレンジ!

その後、数回の寒グレ釣行に行くも相変わらず悔しい思いの連続で、グレ釣りに対する熱は上がる一方、釣果が伴いません。

3月になりグレは浮いてますます釣りにくくなりシーズン終了を迎えますが、最後に1匹釣りたいと言うことで悪あがき釣行が決まりました!

そして悪あがき釣行の行き先として選んだのが、『中泊!』

 

中泊はグレがとても多く、御五神に比べると3倍はグレが生息していると言われるくらいです。数が多ければ釣りやすいという安易な考えのもと、中泊を選定しました。

 

しば渡船で小地島に渡してもらい、いざ釣り開始!

 

アタリは少なくシーズンが終わりかけていることを感じさせます。そしてたまにアタル強烈なアタリはほとんどがサンノジです。そして産卵を迎えたカワハギが結構な数釣れてきます。

夕食のおかずは大漁に釣れたカワハギで確保できましたが、グレは厳しい状況で難しいと思いかけた瞬間、時合いが訪れました!

強烈な勢いと重量で竿を締め込みますが、絶対に負けないと心を鬼にしてラインを1ミリも出さずに寄せてきます!

手前のシモリ際スレスレでギリギリの攻防が続きますが、何とか制して48㎝の腹パンのクチブトを確保! もちろん最高記録です!

そして次のキャストでも良型を掛けます!これももっと腹が大きく白子満載の口太です…

が…タモ入れ寸前で痛恨の針ハズレ(T_T)

 

そしてここからです!

最後に掛けたのは今までのものとは重量感が違います!

この魚は、なかなかこちらに主導権を渡してくれませんが、信頼した仕掛けと鬼にした心で一歩も譲らす耐え抜きます!

何度も走られますが、何とか耐え続けることで勝利の女神が微笑んでくれました!

「50.5㎝!!」の口太です!

メモリアルサイズです! 先程の記録をまた更新しました♫

シーズン最後の釣行で何とかグレを射止められた喜びは感無量です!