アオリイカ エギング 爆釣の旅!

しまなみ海道はアオリイカが豊富!

瀬戸内海は広島県の尾道市から愛媛県の今治市を結ぶ「しまなみ街道」は橋で繋がってからおよそ20年になります。

広島県 尾道→向島→因島→生口島→大三島→伯方島→大島→今治 愛媛県

と魅力的な島を次から次へと渡る事ができます!

そして、どこの島でもおそらくアオリイカのエギングは成立すると思います。

 

 

 

 

 

 

ここが私が最も好きなポイントです!

島は色々とあれど、私が今まで釣り歩いたポイントの中で一番好きな所は写真のサーフです!

ここは型良し、数良し、釣り味良しと3秒師揃ったポイントです!

地元の下津井よりも始まりが早いせいか分かりませんが、型が良いのが特徴です!

 

10月になると22㎝くらいの胴長のアオリイカが釣れます!大潮の満ち上がりに砂浜に当ってくる潮の流れを釣るのが醍醐味で、良型のアオリが連発します!

潮の流れの中で釣れますので引きも重たいので釣りごたえがあります。

使用するエギのサイズは10月になったら3号がオススメです!

釣れるポイントはシャローが多いので、軽めのエギのほうが使いやすいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

下げ潮は少しポイントを移動して潮を追いかけて行くと釣れます!

実は下げポイントの方が型が大きいかも♫

 

 

 

 

 

 

 

 

そして何気ないサーフを撃っても釣れます!

何だかんだで、日没から夜明けまで、そして日中と、結局ずっと釣れるんじゃないんですかね〜

これからの季節、下津井沖が釣れなくなってもしばらく楽しむことができますのでオススメです♪