釣った魚を食す!美味しいお刺身の食べ方♫

週末に沖の島で釣ってきた魚の味はどうだ?!

沖の島でエキサイティングな釣りを楽しんだら、次のお楽しみは食べる方ですね♪

自分で頑張って釣ってきた魚を食べる喜びはひとしおです!

ちょうど釣りに行く前に用品を買うために、かめや釣具に寄った時にイベントをやっていました。

そのイベントでコンドームで有名なオカモトさんから発売された、刺身が美味しくなるシートのサンプルを配布されていました。

 

 

 

 

 

 

このシートは浸透圧脱水シートで、魚を捌いて柵の状態にしたものをこのシートで包みます。

2時間程度放置すると、旨味成分はそのままに身の水分だけを吸収して味が凝縮されて美味しくなるという原理だそうです。

今回の釣りで試すにはもってこいの魚が釣れたので試してみます!

ナンヨウカイワリとアオチビキでやってみます。

 

 

 

 

 

ナンヨウカイワリ

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは捌いて柵にしておいて

 

 

 

 

 

 

 

シートで柵を包みます。

シートで柵を包むと、シートが密着していくようにピタッと吸い付きます。そのまま冷蔵庫に入れて2時間ほど置いたらできあがりです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

切り分けてお皿に盛り付けたら、いざ賞味!

身の水分を適度に吸い取ってくれて、本来の魚の味が楽しめます!

味も濃くなってネットリ感が増しているような気がします。

アオチビキは脂がよく乗っていて、身が少し柔らかめのモチモチ感を楽しむことができました♪

そしてナンヨウカイワリは適度な歯ごたえがありながらも、噛むとモッチリ感があり大変美味しい魚です♪

この2種類の魚は歯ごたえはそれぞれ特徴がありますが、味の質としては結構似ていました。

大満足です♫

今度は何を追いかけて釣りに行きましょうかね!!