するするスルルーでビッグゲーム!高知県沖の島

キビナゴ餌のフカセ釣り

するするスルルーと言えば与那嶺功さんが第一人者として有名で、TVや動画を見るたびにそのダイナミックさに興奮していました!

やってみたいけど簡単に沖縄まで釣りに行けるものじゃないし…みたいな感じで夢の釣りとして置いていました。

 

しかし…

最近の鵜来や沖の島での釣行でキビナゴ餌への反応の良さは感じていました。

キビナゴ餌はエサ取りに強いので高水温時に有効だということもわかりました。

磯際にはキビナゴが回っていてそれを追ってカンパチやシマアジなどの回遊魚も回っています。

高知は沖の島に流れる潮は沖縄と同じ黒潮!

となれば絶対に「やれる〜❗」でしょ❗

 

思い立ったら即実行❗

同士の海人さんと向かう先は沖の島!

太平洋は高知県西南部に浮かぶ沖の島は魚種方法で、モンスター魚も数多く生息しています。

まさに我々のするするスルルーに適した場所になるはずです。

 

岡山発で高速をひた走り高知県宿毛市の片島港へ。

尾長狙いで超有名な鵜来・沖の島へ向かうカラフルな渡船が10艘以上も停泊して港を埋め尽くしている情景は圧巻!

来たな〜沖の島❗って感じで、気持ちが高ぶります。

 

好天の沖の島で

 

 

 

 

 

片島港から岡崎渡船を利用して沖の島に到着です!

本日の磯はノコバエ回りです。

順番に磯付けしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

そして我々の番!

 

 

 

 

 

 

 

目の前は水平線の広がる壮大な景色です!水の色も綺麗!

焦る気持ちを押さえて、タックルをセットします。

 

 

 

 

 

 

 

本日用意したキビナゴは10kg!

仕掛けを投入する前に、まずはパラパラと撒き餌!

 

釣り開始!

 

海人さんも釣りを開始です!

 

 

 

 

 

 

晴天でしたが、風は結構強いので仕掛けの操作に気をつけて

まずはキビナゴを酌で3〜5匹キャスト!そこに挿し餌を合わせるように仕掛けを投入します。

 

潮は沖の本流に向けての引かれ潮が、緩やかに出ていきます。その潮に仕掛けを馴染ませて流していきます。するする仕掛けの大きいウキを流していると、ウキが沈んだ❗と思った瞬間にスプールからラインがバチバチバチ〜❗

ベールを起こした瞬間竿に重みがドシン❗と乗っかり竿を起こそうとした瞬間にチモト切れ。

「ビックリした〜!」って感じで。

 

今度はウキが水中に向かって一気に走り始めて、やりとり開始!

そこそこの引きはしていますが難なく制してキャッチしたのがこちら!

 

 

 

 

 

 

 

モンツキイサキ

 

そこからしばらくモンツキの時合いに突入!

ルアー釣りではあまり見ないサイズ50㎝弱のモンツキが立て続けに3匹くらい釣れてきました!

 

ここで少し沖の潮を探ってみようと、仕掛けを遠投!

もちろん撒餌を同調させるのは無理なので、仕掛けだけを投げて馴染ませます。

すると、ウキが消えたかと思うとラインがバチバチ〜❗

小気味良い引きで釣れてきたのがはナンヨウカイワリ❗

 

 

 

 

 

 

 

 

隣で釣っている同士の勇姿がこちら❗

 

 

 

 

 

 

 

 

ウキが消えると同時に竿が海面に突き刺さり、締め込んだドラグが一気に引き出されて❗

私も戦闘開始❗

 

 

 

 

 

 

 

これ以上ドラグを出されないようにしっかり締め上げて、耐えて耐えて耐え抜きます!

 

 

 

 

 

 

 

 

上がってきたのはブダイ系の60センチ級❗

参った〜腰をやられそうになった😅

 

 

 

 

 

 

うれしい高級魚も♫

 

 

 

 

 

アカハタ❗

 

 

アオヤガラ!

 

 

 

 

 

 

ダツ

 

 

 

 

 

 

様々な魚のオンパレードで息をつく暇がありません!

 

同士の釣った魚をタモ入れすると・・・

 

 

 

 

 

 

 

相手がデカすぎて「俺のタモちゃんが〜😂」

 

モンスターに玉網を壊されて傷心の私を慰めてくれたのがこちら

 

 

 

 

 

 

 

珍客 ミノカサゴ❗

 

 

今度は我々の同僚が!

 

 

 

 

 

 

 

オジサン❗

 

そして最後にクライマックスが待っていた❗

浮かんでいるウキが一気に消えたかと思うと、沖に向かって20〜30mラインがギュイーン!

 

竿を起こそうとしてもなかなか起きません。やっとのことで全身を使って起こしましたがその状態のまま動かない。タメた竿で耐える精一杯なので長期戦を決意した瞬間、10号のハリスが飛んでしまいました😣

残念!本日のモンスターは顔を見ることができませんでした。

 

そして納竿時には身体はフラフラで関節もギシギシと傷んで(^_^; 疲労度MAX

心地よいをかなり通り越した疲労度で釣りを終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しそうな魚だけ持ち帰り♫

 

同士は本命のタマンを釣りましたよ!

流石お見事です!

 

 

 

 

 

 

あとは食べるお楽しみですね〜♫

 

 

 

 

 

 

 

 

沖の島で、するするスルルーはやれる❗

と、こんな感じで釣行が終了しました。

沖の島でするするスルルーをやった感想としては、アタリが多い❗ずっと何らかのアタリを出すことができる。そして、エサ取りに強いので良型の魚と出会う確率が格段に高い。

大型のフィッシュイーターを狙う釣りなので太仕掛けで狙います。なのでどんな魚も腕さえあれば獲ることができる❗これが一番の魅力でしょうか。

また美味しい魚が何種類も釣れるのも魅力的ですよね♫

ただ、注意する点として最初は魚のアタリがきた後、合わせを入れるまでに覚悟が必要ですね。そして合わせを入れた後、危険を伴う格闘が始まりますので足場の確認や、魚がハズレた時の体の持っていき方など頭に置いた上で釣りしないと、一歩間違えると事故に繋がります。安全には細心の注意を払って楽しみたいですね!

まだまだ沖の島では少数派の釣りですが、興味のある方は積極的に挑戦すると世界が広がりますよ!興味のある方は我々と一緒に楽しみましょう❗