佐田岬のアジング 瀬戸内側 大江

よく釣れる瀬戸内側の港

大江の港は佐田岬の中間部にあり瀬戸内海に面しています。

この港は私が始めて佐田岬で竿を出したポイントです。単身で佐田岬に始めて乗り込んで右も左も分からない状態で到着した港です。時期は12月の中頃だったと思いますので、シーズン的にはちょうど良い時期でした。

大江の港に到着後、なんとなく沖の波止の先端を目指して歩いて行き竿を出しました。波止の先端部から外側にかけてはテトラがギッシリと入っていますので、先端のコンクリートから釣ることにしました。その時の潮は覚えていませんが夕方から釣り始めて、潮止まりまでずっとアタリがあったと記憶しています。釣れるアジは20㎝〜26㎝くらいで、そこそこの数が釣れました。

ところが潮が変わった途端に全くアタリが無くなってしまったので見切りを付けてポイントを後にしました。不思議なものですがさっきまであれだけ釣れていたものが、潮変わりを境に全く釣れなくなるとは。

後日この港を訪れた時は、友人と一緒だったのでテトラの表を撃ってみました!その時また驚いたのですが、テトラの表には前回釣った時よりももっと大きいアジが居ました。良型のアジが外灯の明暗の境目に居たのです。

何回か釣った印象としては、この港は魚影が濃いんだなと。行くと必ずマズマズの釣果を出すことができていますので、安定しているのかなと私は思っています。

アタリも多くて楽しめるオススメの港ではないかと思います。

 

記事一覧に戻る

アジング記事一覧に戻る