佐田岬のアジング 瀬戸内側 最先端 長浜漁港

佐田岬の最先端の港

付け根から先端まで何十キロにも及ぶ佐田岬ですが、ひたすら先端を目指して走ると一番最後に到着する港が長浜漁港です。佐田岬の北面、瀬戸内側に位置する港で、岬の先端に近いので潮通しが良い港です。

ここまで来ると水の色も一段と綺麗になり、九州も間近に見ることができます。ここまで来るとアジング以外でも魚種豊富に釣れますので他の魚を狙いたくなるところです。特に青物系のブリ、ヒラマサ、カンパチも良く釣れるということなので朝までアジングをして夜が明けた後は青物を狙ってみるのも面白いと思います。

肝心のアジングですが、魚影はすこぶる濃く港の中はゼンゴ(豆アジ)で溢れていると言えるくらいの状況です。波止の先端には灯りがありませんが、良型のアジも釣れます。

また波止の表側のテトラより沖も良いポイントです。ここではMキャロ、ジグ単など様々な釣りを楽しむことができます。

私がこの漁港で釣りをした時に激アツだったのが朝マズメです!

夜が明けてアジのアタリが頻繁に出始めたかと思ったら、波止の先端部周辺が一面アジの海となりました。表層から少し下では20㎝までのアジが泳いでいてワームを入れると入れ食い状態です!

少し型を狙いたいと思い、もう少し下の層を探ってみると25㎝くらいのアジも釣れてきます!

その日は尺超えこそ出ませんでしたが、良型混じりで大漁でした!

さらにマズメ時に波止周りに寄ったアジを狙って青物が回遊してくるのです!

私の隣でメタルジグをキャストしていたアングラーが大物を掛けました!

約20分に及ぶファイトの末上がってきたのが、丸々としたブリでした!

元気良すぎてタモ入れできそうになかったので、お手伝いしましたが重い重い!

メチャクチャ太って美味しそうでした♪

コレを見たら次回は自分もショアジギをやりたくなってしまいますね!

とにかく魚影の濃い港なので、先端まで足を伸ばしてみると好釣果に恵まれるかもしれません!

記事一覧に戻る

アジング記事一覧に戻る