真鯛をフカセとカゴで狙ってみた!どっちが釣れるか?

4月も終盤になり、ようやく小豆島方面でも真鯛とチヌの乗っ込みが本格化したという情報のもと、今季初の磯の真鯛&チヌをゲットすべく挑戦です♪

今回の舞台は小豆島南面です!朝日丸さんにお世話になります。

本日の予定は満ちいっぱいまでカゴで狙って、下げ潮をフカセ釣りで狙います。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

カゴ釣り開始!

本流を狙って真鯛を効率良く釣ろうと思ったら「カゴ釣り」が適しているということで、満ちの本流をカゴ釣りで狙っていきます。

隣ではカゴ釣りのスペシャリストのM名人が釣座を構えています。

二人で交互にオキアミを撒いて真鯛に刺し餌を喰わせていく予定です。

 

 

 

 

 

 

 

今日は良い潮が流れています。

M名人の足元から本流が走っています。

M名人はその本流を正確に攻めていき、ポイントで誘いを掛けます。

すると「プシュッ!」

ウキが入り竿がしなります!

 

 

 

 

 

 

 

流石名人!

早々と良型の真鯛をキャッチ!

その後も真鯛が捕食している潮を見つけて叩いていき2連チャン!!

お見事としか言いようのない状況。

私もアドバイスをもらいながら攻めるも残念ながらウキは入らず潮が終了となりました。

下げ潮はフカセ釣りで狙う

満潮が終わったので予定通り下げ潮はフカセ釣りにチェンジ!

満ち潮とは違い、下げの潮はメリハリに欠ける感じです。

まずは磯際を探ってみると・・・

ウキが入ったかな?と合わせてみると、

竿が止まったまま。

根掛かりか?と不思議に思っていると根がユックリと移動している/

とんでもない重量感の引きを何とか何とかイナして上がってきたのはもちろんコイツ!

 

 

 

 

 

 

そして仕掛けを撃ち返すこと数十投、磯際のシモリに向けて仕掛けがゆっくりと流れて行ったその時!

スポンサーリンク

ウキが5〜10センチほど引き込まれたので合わせると、キュキュ〜ン!と魚が走ります!

結構な重量感で走った後は叩いています。真鯛の引きです!

期待しながらやり取りをしましたが残念ながらフックアウト・・・

 

気を取り戻してもう一度同じ潮を狙うと、またウキが入った!

しかし今度はさっきほど走りません。そして叩きません。

ただ重たいだけの引きで上がってきたのが、

 

 

 

 

 

 

 

 

40センチ程の良型のチヌ!

何とかチヌをキャッチすることができました♪

 

今度は下げの引かれ潮で真鯛を掛けますが・・・フックアウト(T_T)

そして

 

 

 

 

 

 

 

おそらくベテランならいくらでも釣れるんじゃないかなという状況。

最後に最初に真鯛がヒットした時と同じ潮ができたので仕掛けを撃ってみると・・・

「キュキュ〜ン」

メッチャ気持ちのよいウキ入れです!

このウキの入りは真鯛でしょう!

叩く引きをイナして無事にタモ入れしたのが

 

 

 

 

 

 

 

50センチを超える真鯛!

やりました!念願の真鯛をキャッチです♫

それも最後の最後に・・・

 

 

 

 

 

まとめ

前半のカゴ釣りでは何も釣れなかったのでどうなることか!?と思いましたが、後半フカセ釣りにチェンジすることで何とか面白い釣りをすることができました。

カゴとフカセどっちが釣れる!?

この疑問の答えはおそらく・・・

潮次第 でしょう!

フカセ釣りでは狙えない潮はカゴ釣りに分があります。

そして逆もしかりです。

ポイントと潮に適した釣りをするのがベストってことで・・・

 

 

 

 

 

 

 

「REDの釣りマガジン」総合案内はこちら

スポンサーリンク