激安コマセについて

釣りに関する情報は世の中に色々とありますが、

その中で私が興味を惹かれるもの、そうでないもの様々です。

そんな中で最近ちょこちょこと耳にしたり、ネットの情報で目に飛び込んできて気になっていることがあります。

私にとって有益な情報じゃないと普段はあまり反応しないのですが、今回はピクッ!と反応しちゃいました。

それは何かというと!?

激安コマセ!

 

何と魅力的な響きなのでしょう。

 

フカセ釣りをしていると撒き餌にかかるコストが結構かかりますね。

それでも釣れるとコストをかけた甲斐があるというものですが、自然相手の釣りですから常に釣れるとは限りません。

また、釣れる時はコマセが影響しているのではなくて、自然条件によるところが大きいのが現状です。

ということで、少し激安コマセを研究してみようかなと情報の収集を始めました。

 

ちなみに今使っているコマセは、夜明け〜14:00迄の釣りでこんな感じです。

オキアミ生 3kg(750円)×2

集魚剤① 3kg(820円)×1

集魚剤② 1.5kg(600円)×1 もしくは 米糠

合計金額 約3000円

 

正直、撒餌にここまでお金をかける必要はまず無いと思います。

必要最小限のラインを探っていけばコマセにかかる費用を大幅に軽減できるのではないかと…

スポンサーリンク

 

今3000円かかっているコマセの費用が1000円以下に抑えられれば、

1回の釣行で2000円負担が減ります。

ということは、3回格安で撒き餌を作れば6000円コストダウンすることができます。

宇和海の渡船代が6000〜7000円程度なので3回行けば1回の渡船代が無料になるという美味しい話です。

 

ネットで情報を収集していると格安で資材が手に入ることが分かってきました。

魚粉   20kg 2750円(ホームセンター)

牡蠣殻  20kg 600円〜800円(ホームセンター)

米糠   無料(精米所)

押し麦  20kg 1160円(JA)

コーン  20kg 990円(JA)

パン粉  業務用を調査中

小麦粉

オキアミ 釣具店

赤アミ  釣具店

これらの粉ものと、最小限の生を配合すれば釣れるコマセになるのは間違いないでしょうから、

問題はいかに低コストで押さえるかということですね。

米糠は無料で手に入るので主材にして、釣り物の条件によって必要な集魚性、

遠投性、比重、濁りを他の材料で調整していくといった感じです。

 

ま、あとは実際に作ってやってみるということで、ワクワクしてきましたよ!

コマセ自作という新たな楽しみが生まれたことで、今後の釣りがますます楽しみになってきました♪

 

 

記事一覧に戻る

フカセ釣り記事一覧に戻る

スポンサーリンク