格安コマセ!次はチヌ用!瀬戸内海で検証!?

最近は格安コマセにハマってまして・・・♡

自作の撒餌を撒きたくて撒きたくて仕方なくて。。。

 

先週末の釣行では本命のグレをキャッチすることができなかったので、次の週末はチヌでも狙ってみようかなと思っています!

 

これが前回の撒き餌です!

 

 

 

 

 

 

 

 

アミエビ

オキアミ

米糠

押し麦

酒粕

魚粉

カキ殻

 

 

 

 

 

 

 

これだけを配合したとっても贅沢なコマセとなったわけですが、総額1000円程度で仕上がっていると思います。

 

次はチヌ狙いということで少しチヌよりの配合にしてみるつもりですが、

実は私チヌをフカセ釣りで狙ったことがないんですね(^_^;)

 

近海の瀬戸内海といえば、フカセ釣りやカゴ釣りで真鯛くらいしか狙ったことがないもので、チヌのフカセ釣りなんて知りません。

確かに、真鯛を狙っていて外道でチヌが釣れたことは何度かありますが・・・

 

チヌを狙って紀州釣りやダンゴ釣りは昔やっていたことがありますが、フカセで狙ったことは正直ありません。

話しによればチヌのフカセ釣りは面白いみたいなので、格安コマセを持って遊びに行ってみようかなと思ってます。

そして、釣れる仕掛けというものを手に入れたので、もしかしたら素人でも釣れちゃうかもしれないなんて甘い期待をしてます。

ただ、今は水温が一番低い時期なので、ま〜厳しいんでしょうけどね。

 

練り餌(ミック)

そしてチヌ釣りと言えば練り餌でしょう!

スポンサーリンク

こんなこともあろうかと、前回のコマセ作りで購入したアミエビを少し削ってミック作りをしていたんですね、実は。

 

 

 

 

 

 

 

ミック作りは昔からやっていますが、とっても簡単で普通に釣れます!

 

今回使った材料は・・・

アミエビ

薄力粉

おろしニンニク

押し麦

魚粉

とうころこし

酒粕

コマセ用に買った原料が色々あったので混ぜてみました!

魚にとって美味しいものになると良いのですが。

 

ミック作りの基本はアミエビと小麦粉です。

耳たぶくらいの硬さになるように小麦粉を入れていきながら仕上げていけば良いのですが、

実際やってみるとなかなか思うようにまとまってくれません。

混ぜ合わせて粘りが出てくると、ネチョネチョっとしたものが手にこびり付いて

にっちもさっちも行かなくなって、途中で投げ出したくなってしまいます。

 

このような時に便利なのが米糠です!

糠を入れると何とかミック状になってくれて、

手にもべったり付くことがなくなります。

 

こんな適当な感じで作っていけば釣れます!

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまでもこれは私がダンゴ釣りをやっていた時のミック作りなので

フカセ釣りでそのまま通用するかどうか分かりませんが、

まっ似たようなものでしょう。

 

と言ったわけで、次回釣行は自作の「格安コマセ チヌ用」「格安ミック チヌ用」

を試すという、とっても楽しそうな釣行になりそうな予感です!

 

記事一覧に戻る

フカセ釣り記事一覧に

スポンサーリンク