日振島で磯釣り!グレ イサキ 真鯛 釣れるかな〜? 「日振島7番」 2018/03/11

3月になって本格的に春めいてきましたね♪

ワタクシは天気の良い休日には青い海と青い空の下で竿を垂れるだけでとってもシアワセです。

 

釣り物で言うと、水温が下がりグレも浮いちゃってシーズンが終了してしまった感が漂っています。

春といえば桜鯛!

乗っ込みの真鯛もそろそろ始まっても良い時期なんだけど…

今どうなん? 情報ねーし…

 

まっ簡単に言いうと、今の時期の日振島はこれといった釣り物は無いわけです。

わかっちゃいるけど、天気の良い日曜日に家でじっとしてられるはずもないので、

とりあえず竿を振りに行ってきましたよ〜。

 

三浦渡船

日振島の磯に通い始めてからずっと三浦渡船さんでお世話になっています。

とっても良くしていただいていつも感謝です!

 

 

 

 

 

 

 

シーズンオフの割には満員御礼と、いつもながらお客様の多いこと。

 

 

 

 

 

 

 

6:45 日振島を目指して出船です!

本日の潮は満ちで潮の動きは15㎝(汗) 暗雲が立ち込めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日当番のため私が船首に立って「いいクジ残れよ〜

魂を注入します。

結果6番クジが残りました。

 

6番を見ても良いのか悪いのかわからないので、何でも良いんですけどね実は…

 

船は40分ほどで日振島に到着して、横島のキマグレの横から船を付けていきます。

そして我々が声を掛けられます!

真鯛狙いをお願いしていた我々に船長が

2番か7番あるけど・・・

 

2人で太っとい竿を振り回すので、足場に不安のある2番はやめて7番に上がりました。

 

 

 

 

 

 

7番の西 グレポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

7番のシモリ ここもグレポイントです!

 

 

 

 

 

 

 

カゴのポイントは、沖の御五神方面になります。

 

実釣

モーニングはグレを狙おうとフカセからスタートです。

本日も格安コマセでやっちゃいましょう!

いつもながらなかなかの出来映えです。

これで1000円以下と最高!

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

しかし、アタリがない(汗)

潮も動かず、ふらふらとしてはっきりとしない・・・

 

一瞬6番に向けて潮筋が少しだけできた時に、バチバチバチ〜とラインを走らせたのは、

 

 

 

 

 

 

 

塩焼きの帝王「イサキ」でした。

美味しい塩焼きが食べられると、大喜びしながら釣り再開!

 

しかしグレのアタリは一向にありませんね。

カゴに切り替えようにも潮はダラダラとしてて、とてもそういう雰囲気ではないので

しばらくフカセをやってましたが、フカセも雰囲気なく・・・

釣れてくるのは、

 

 

 

 

 

 

 

「カワハギ」美味しい肝が食える〜♪

カワハギは狙えばいくらでも釣れますよ!

 

しかし・・・時は来ました!

 

 

 

 

 

 

 

結構な重量感!

もしや!

 

 

 

 

 

 

 

何とか闘いを制してタモ入れ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありゃりゃ・・・

 

よりによって、最低の結末が待っていました。

「コブダイ」

こちら私は苦手なので、海におかえりいただきました。

 

カゴ釣り

フカセの餌も無くなったので、少しだけカゴを出してみますが潮が動かず

ウキは超スローに移動するありさま。

 

そんな中、大きなカゴウキがシュポッと消え去りました!

ありゃま!

慌てて巻き合わせをして竿を煽るも、重量感が無い。

「ベラ」でした。

 

参った、お手上げです。

こんな調子で最後までダル〜イ潮と遊びながら日向ぼっこをして終了です。

 

赤い船底がカッコイイ三浦渡船の迎えです!

 

 

 

 

 

 

 

本日もお世話になりました。。。

 

 

船内に貼ってある

我ら「Team激鱗」のステッカーもカッコイイ!

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る

フカセ釣り記事一覧に

スポンサーリンク