初心者も安心! 磯メバルで爆釣♪ 渡船のススメ!

磯に行くと巨大なメバルが釣れるのはわかったけど・・・

どこの磯に行けばいいのかわからない?

って疑問を持つ人も多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

そんな悩みを解消してくれる便利な助っ人がいるんです!

その人に自分が大きいメバルを沢山釣りたいことを伝えると、

な、な、な、なんと!

その日、その時間に良く釣れるであろうポイントにあなたを運んでくれるんです!

釣り人にとってこんなに夢のようなことがあると思います?

ご安心ください!

普通に安全に楽しむことができる、当に釣り人にとっては夢のような世界があるんです!

 

15年くらい前に、私がメバリングを始めた頃のことですけど、車をかっ飛ばして

海まで走って、色んな港を釣り歩いていました。

住んでいる岡山県内の港では釣果があまり上がらなかったので、遠方の方が魚影が濃いと思いこんでしまなみ海道まで遠征して、メバルを追っていました。

でも今思うと驚くほど寂しい釣果でした。

当時は、他に釣れる所を知らないので、18㎝のメバルが50匹釣れたら大喜びです!

と言っても、1回あっただけですよ!こんな好釣果は。

全部持って帰って、唐揚げに、煮付けに、味噌汁にと食べ尽くした記憶があります。

結局、しまなみ海道の波止に2年通いましたが、20㎝を超えるメバルが釣れたのがたった1回だけでした。

 

そんなある日、釣具屋のトイレに行くと魅力的なチラシが目に飛び込んできました!

そのチラシを見て、手を出してしまったばかりに・・・

今に至ってしまいました(汗)

 

沖磯は魚の宝庫

釣具屋のトイレで目に飛び込んできたチラシは・・・

渡船利用が1ヶ月間¥1000円!ポッキリ

的な内容だったと思います。

 

小遣いの少ない私でも、1000円なら手が出せるので勇気を出して、チラシの渡船屋さんに電話をしてみました!

恐る恐る受話器越しに話をしてみると、意外にもとても親切に対応していただき、用意しといたほうがいい仕掛け(リグ)なども教えていただきました。

利用方法などを聞いて、実際に行ってみることにしました。

 

渡船屋さんに着くと、船長に話を聞いてオススメの波止に渡してもらいました。

石組みでできた波止でしたが、日が暮れると20㎝クラスのメバルの入れ食いがイキナリ始まりました!

始めて味わった良型の入れ食いに感激しながら無我夢中でキャストを繰り返した覚えがあります。

これで味をシメちゃったんですね〜♪

 

こうなったら止まらないのが私で・・・

そこから毎週末、渡船屋通いが始まっちゃうわけですよ!

 

私は長時間たっぷり釣りたい方なので、夕方から朝までの通し釣りばっかりしていました。

初回は勝手もわからなかったので、波止で半夜釣りをして帰りましたが、

次回釣行時、船長に聞いてみると磯の方が型が良い!と言われて磯に上がることに。

いきなり1人で磯に上がって朝までやることに少しの不安を抱えながらも、大きい期待感で胸を膨らませながら挑戦した記憶があります。

スポンサーリンク

で、実際に磯に行ってみると、夕方まだ明るいうちから潮目でメバルの入れ食いが始まりました!

23.5㎝が夕方のMAXでしたが、次から次に良型がヒットしてくるのでめちゃくちゃ楽しかったのは言うまでもありません。

そして夜も更けて睡魔が襲ってきた頃、とんでもない引きが来て竿がひん曲がりました!

藻に巻かれたりしながら、なかなか上がってこないのでシーバスを掛けたものと思っていました。

手前に来ても藻に潜ってしまったので、たまたま持っていっていた玉網で藻ごとすくってみると、運良く魚が入ってきました。

その後ですね、驚いたのは・・・

 

シーバスだと思っていたのが、メバルだったんです!

しかも25㎝で体高のある立派な魚体!

始めて見る大きさに驚いてしまいました。

「デッケー!」

気がついたら闇夜の中ひとりで叫んでました。

そして数投後さらに大きい26㎝を追加!

本当に最高の思い出となる一日でした。

 

ポイント開拓に明け暮れる

大物メバルが次から次へと釣れてからは、毎日が楽しくてしょうがありません。

早く週末が来ないかな・・・

なんて毎日思いながら過ごすようになりました。

人生変わったと言っても過言ではないくらいです。

 

そこから怒涛の日々が始まります。

釣れるという情報を集めては実際に行ってみて、色んなポイントで挑戦しました。

上級者に同行させてもらいながら、技を盗んだりもしました。

 

経験を積んでいくと、その日の潮に合わせて釣れるポイントが分かってくるし、自分のお気に入りのポイントもできてきます。

釣れるメバルのサイズもどんどん大きくなっていって、尺メバルと出会うこともできました。

 

挑戦する者は勝ち組になれる

そんなこんなで今現在に至るわけですが、私がコンスタントに大型メバルを釣ることができるようになったのは、渡船というシステムと出会ったからです!

渡船を通じて、生涯お付き合いできる釣り仲間も増えましたし、なにより圧倒的な釣果を叩き出すことができるようにもなりました。

昔メバリングを始めた頃、地方の波止で殆ど釣れることがなかった状態と比べると、今は明らかに「勝ち組」になっているんじゃないかと、我ながら関心してしまいます。

メバル釣りにおいて、成功したのは、

渡船利用が1ヶ月間¥1000円!ポッキリ

というチラシを見て、挑戦してみようと飛び込んでみた結果です!

チラシを見た時に、行きたいけど・・・

と躊躇していたら今私は釣りをしていなかったかもしれません。

 

少しでも釣果を伸ばしたい方、少しでも大きい魚を釣りたい方など意欲をお持ちの方は、迷うことなく渡船を利用してみることをオススメします。

「世界観が変わります!」

初心者のための磯メバリングに最適な渡船はこちら!

初心者でも爆釣!磯メバリングのタックルとは!

記事一覧に戻る

メバリング記事一覧に戻る

スポンサーリンク