初心者のためのやさしい釣り入門 ルアー釣りで狙える魚 シーバス(スズキ)

初心者の人が簡単に楽しもうと思ったら、ルアー釣りから始めてみるのもひとつです。

なんてったって、ルアー釣りはエサがいらない。

エサがいらないっていうのは、計り知れないメリットがあるんです。

何がメリットかって?

釣り餌を付けなくて済むのが一番のメリットです。

エサを付けなくていいってのは、その名の通り手で気持ちの悪い青虫を触らなくて済むし、青虫を針に刺す時に出てくる汁を触らなくて済みます。

でもそれだけじゃない。

エサを付けなくても釣れるってことは、エサを売っているお店が夜になって閉店していても、釣りに出かけることができるということを意味します。

仕事が遅くなってエサが変えなかった、ってことが無くなるので楽ですよね。

 

ルアーで狙える代表的な海の魚

ルアーで狙える海の魚は、まず先日お伝えした根魚類がいます。→海で狙える魚  根魚編

でもルアーで釣れるのは根魚だけじゃありません。水面付近を泳ぐ魚もいれば、中層を泳ぐ魚もいます。

海ではルアーでどんな魚が釣れるか見てみましょう!

シーバス(スズキ)

 

 

 

ルアーで狙う海の魚として、昔から有名なターゲットがシーバスです。

シーバスは体長が1メートルを超える大型魚で、地域を問わずどこにでもいる魚です。

ブラックバスとよく似た習性を持つフィッシュイーターで、ベイト(餌となる小魚)の群れに付いて行動しています。イワシやイカナゴなどの群れが接岸してきたらシーバスのボイルが始まります。

水面を見ていると「ボゴッ」「ガバッ」と大きな音と水しぶきを上げながら、ベイトを追っている姿が見られます。

高活性のシーバスは表層付近で捕食を行っているので、水面近くを狙えるルアーが活躍します。

シーバスは海であれば大体どこにでも生息しています。河口や波止、磯などいろんな所で狙えますので、同じシーバスを専門に狙っている人でも釣りのタイプが分かれます。

スポンサーリンク

手軽に竿を出そうと思ったら、河口や波止になります。季節や条件によって狙い方が全く違うので、いち早くパターンを掴んで釣果を伸ばすことが重要です。

一方で、磯のシーバス釣りも存在します。磯のシーバス釣りは、流れが当ってくる潮のど真ん中を中心に狙って喰わせる釣りです。

潮を見極める目を持った人のみが釣果を出せる釣りで、季節にもよりますけど、あまり数が釣れる釣りではありません。一日やってランカーサイズが1匹釣れるかどうかの釣りなので精神力が求められます。

シーバスを釣ろうと思ったら、どんな潮周りのどのタイミングで魚が釣れたというデータを蓄積することが重要です。釣れる時合いというのは一瞬です。一瞬の間にできた良い潮を確実に攻められるかどうかで、釣れる釣れないが決まります。

逆に言うと、このポイントは○○潮の○○時○○分が時合いである、ということを一度自分の頭にインプットすれば、同じ潮の条件になったときは同じように釣れるということです。

この条件を見つけるのが楽しいんです。そしていろんなポイントで条件のあった釣れる潮を見つけるべく、頭で予測するわけです。見つけては引き出しに入れてを繰り返すことで、安定した釣果が出せるようになってきます。

シーバス釣りだけじゃなくて、どんな釣りにも言えることですが、小手先の腕前よりも潮を見極めることが重要なんです。

まとめ

シーバスを狙いたいと思ったら、河口、波止、磯、どこで釣りをするかは自分のフィーリングで良いと思います。

今その瞬間にやりたいことをやってみれば良いです。そして気分が変わったらまた次の事をやれば良いだけのことです。

シーバス釣りのスタイル

  • 河口タイプ
  • 波止タイプ
  • 磯タイプ

では、健闘をお祈りしますm(_ _)m

 

初心者のためのやさしい釣り入門 海釣りで狙える魚 根魚編

初心者のためのやさしい釣り入門 釣りの種類

釣り動画! 海 湖 池 川 に!「釣りよかでしょう。」「釣りいろは」

記事一覧に戻る

スポンサーリンク