大漁 瀬戸大橋下でボートフィッシング

ゴールデンウィークも終わって、季節は夏へと移り変わっています。海水温も次第に上昇してくると浅瀬にいろんな魚が寄ってきます。

今回は知人からお誘いをいただき、ボートフィッシングに挑戦です。

今は少し端境期で何が良いというものはないみたいですが、今回は五目釣りで来るもの拒まずという狙いです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

瀬戸大橋のふもとでボートフィッシング

好天に恵まれた絶好の釣日和となりました。

ボートでクルージングしているだけで気持ちがいい♪

ゆったりと釣れる魚を釣って楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

胴突き仕掛けに虫餌をセットして釣り開始!

狙う水深は20m〜40mくらいの、砂地中心です。

開始後さっそくアタリが出ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはカサゴ!

深場から上がってきたカサゴは赤くて綺麗♪

 

状況は連チャンの爆釣というまではいきません。

ポロポロと釣れる感じです。

 

今度は夏の定番!

キュウセンベラ

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

これらの魚が交互に釣れてきます。

そして今回時期的にどうかな?って思っていた期待の魚!

海の女王「シロギス」が同行者にヒット!

しかもかなりの良型!

 

流すエリアに寄って、魚種が別れるような感じです。

沖の潮を流すとキスが釣れて、岸よりのシモリ絡みではベラやカサゴみたいなイメージでしょうか。

 

食い込みが渋い

船から虫餌で魚を狙う時の、食い込みについてですが、私は勘違いをしていたみたいです。

アタリがあると、一気に飲み込むくらいしっかりと食い込むものだと思っていましたが・・・

今回の釣りでは、何が何が・・・

 

アタッてもなかなか針掛かりしないんですね。

これってどういう状況なのか???

いつもそうなのか、あるいは特定の魚種だけがそんなアタリをするのか?

 

何分初めての釣りなので勝手がわからないまま想像の世界に留まってしまうのですが。

 

結果大漁

そんなこんなで、今回釣れた魚種はこちら。

サイズが大きかったものから順に、

  • ニベ  40㎝
  • ベラ  26㎝
  • キス  25㎝
  • カサゴ 21㎝
  • 真鯛  チャリコ

これらの魚が数え切れないくらいの釣果でした。

端境期でもポイントと潮を合わせて狙っていくことで、何とか美味しいおかずを確保することができました。

流石の名船頭さんでした。

今回は大変お世話になりました。

「REDの釣りマガジン」総合案内はこちら

スポンサーリンク