日振島 磯 で釣った魚を食べる!

日振の魚を食べてみよう♫

先日の釣行でおかずを確保できたのでありがたくいただくことにしましょう!

 

 

 

 

 

 

まず最大の45㎝のグレはタタキにしてみました♪

 

 

 

 

 

 

 

皮面をしっかりとバーナーで炙ってポン酢に漬け込みます!

 

そして42㎝のグレは刺身に!

 

 

 

 

 

 

そしてカワハギです♫

 

 

 

 

 

 

 

全て薄造りにすると大皿いっぱいになりました!

これを肝を溶いたポン酢でいただきます♪

 

No.1はカワハギです!

肝とポン酢の相性が最高で抜群の旨さ!

あっという間にお皿が空っぽになりました。

 

グレのタタキ!

今回のグレは皮がゴツくて食べ辛かった〜(^_^;)

噛み切るのに力が必要だったのでちょっと残念でした。

 

グレの刺身!

安定の美味しさ♪

ですが、驚くような感動はありません…

 

お正月に脂の乗り切ったブリを毎日食べていたからなのか何なのか分かりませんが、驚くほど今回は感動がなかったという残念な現実が…

 

グレの脂の乗りがもう少しなのか私の口が肥えているのかよくわからないのが現実です。

また次回の魚でじっくりと答えを探したいと思います。

 

そうそう

番外編となりますが、今回釣って帰ったグレの一番小さいサイズを塩焼きにしてみました。

サイズは約30㎝のものですが、塩焼きにちょうど良いサイズ感です!

そして肝心の味の方は!?

これが抜群に美味しかったんです♫

 

今回はもしかして一番小さい魚が美味しかったのか〜?

脂のりのりで皿の上がベトベトです!旬のイサキと遜色ない美味でした。。。

 

記事一覧に戻る

フカセ釣り記事一覧に戻る