FISHMAN BEAMS LOWER86Lはとっても楽しいライトゲームバーサタイルロッド!


ソルトゲームを10年以上楽しんできてスピニングタックルに特に不自由を感じたわけじゃないんですけど、趣向的なことからベイトタックルが気になり始めたんですね。

想像したら面白そうなので、購入して1年ばかり使ってみました。

色々な釣りに一通り使ってみたので、ちょいとインプレでもしてみようかと…

スポンサーリンク

ベイトロッド専門メーカーのFISHIMAN

FISHMANというと、北海道でベイトロッドを専門に作っているメーカー。

社長でありデザイナーである、赤塚ケンイチ氏が率いるコアなメーカーでマニアックなユーザーにはとっても気になる存在。

最近私の周りでもFISHMANロッドを所有している人が増えてきました。

所有しているFISHMANロッドはこちら

気になり購入したFISHMANロッドなんですが、1つ使ってみると他の機種が気になり、さらに他が気になり…

気がつくと用途別に3本も購入していた、という始末(汗)

で、現在所有しているのがこちら。

  • BRIST VENDAVAL 10.1M
  • BRISR MARINO 8.0M
  • BEAMS LOWER 8.6L

で、この中でライトゲームからミドルゲーム、ボートゲームに使える使用頻度の多いロッドについて今回はお話したいと思います。

ライトゲーム〜ミドルゲーム  しなやかでバーサタイルなロッド!

私の手元にある3本のFISHIMMANロッドの中で、一番のお気に入りロッドがこちら!

“BEAMS LOWER 8.6L”

しなやかさ、粘りが特徴のロッド。

しなやかでよく曲がって、とにかく気持ちが良い!

重量も他のロッドよりは少なく、少し細めで持ちやすい。

キャスト感、魚を掛けた時の曲がりがとにかく気持ち良い♫

何を釣りに行くときにも持って行きたくなるロッドです。

魚種1 メバリング

メバリングは私の場合、春〜初夏に掛けての磯でやることがほとんど。

産卵後、体力を回復してきたメバルが梅雨時期にかけて磯でパワフルなファイトを楽しませてくれます。

マッスルメバルを、フロートリグで狙うのにLOWER 8.6Lが最適。

ベイトならではの感度の良さと、巻の心地よさでめちゃくちゃ楽しいメバリングになります。

合わせるリールは軽量ルアーがキャストできるものがオススメです。

良型メバルにブランクス全体が追従してくれるので、乗せて、浮かせて、バラさない。さらにはロッドの粘りがとって心地よいので釣り人を満足させてくれます。糸ふけの少ないベイトのリーリングは感度も抜群です。

魚種2 アオリイカ エギング

LOWER8.6Lのしなやかさは、エギングでも有効です。

ベイトリールによるエギングならではの長所を活かした攻め方もあり、慣れてくるとメリットも多いです。

手足が柔らかい秋の新子もバラすことなく寄せてキャッチしやすいのは、しなやかなブランクスのお陰です。

魚種3 アコウ

正直ゴリゴリのアコウ狙いでは少し厳しいと思います。

が、あえて私はアコウ狙いで使います。なんせ軽くて楽なので。

ただ、ボトムを叩く釣りには向かないので、巻物やリフトアンドフォールなどの使い方となります。

53センチのアコウを激流のボトムから引き抜いた時もLOWER8.6Lでした!

正直少し無理がありました。途中2回根に張り付かれましたが、なんとか剥がすことができて無事にランディング。

大型アコウのゴリ巻きにも耐えうる粘りを持つロッドです!

魚種4 真鯛

真鯛は様々な狙い方がありますね。

数を狙うならボートからのタイラバがイチバンです!

この鯛ラバ用のロッドにもジャストフィットするのがLOWER8.6L。

小さい真鯛から大きい真鯛まで得意です。

食い込みの良いティップとしなやかなブランクスで、食わせてバラさない、

まさに専用とも言える性能。

粘るブランクスで気持ち良いやり取りができます。

あとは、ショアから狙う真鯛!

私の場合は、ハードルアー、ソフトルアーともに使います。

7g〜20gが多いですが、キャストも気持ちよく決まり、バイトを弾かないティップでフッキングも良く決まります。

そして、一度フッキングが決まるとバラすことは殆んどありません。

真鯛独特の叩きにもロッドが追従してくれますので、怖さが全く無く安心してやり取りができます。

まとめ

と、ライト〜ミドルゲームまでバーサタイルに狙えるLOWER8.6Lは、なんと行っても楽しいロッドです。釣りって遊びなので、楽しいのがイチバンですから。釣れる、釣れないは正直あまり変わらないと思いますが、楽しくて気持ち良いんで自己満足感ハンパないです!釣れなくてもキャストしているだけで楽しいって、少し危険な匂いもしますが、この楽しさは使って人にのみ共有できる感覚です。

スポンサーリンク