プリウスのトランクに「するするスルルー」のタックルを積んでみると!

さてプリウスが手元に届いてから2週間、やっと一通り把握できてきました。

そうなると釣りに行きたくてしょうがない。

当分は釣りに行かずに車イジリで時間が過ごせるかと思いきや、

早くも釣りに行きたい病が発病してしまいました。

 

スポンサーリンク

 

プリウスにタックル一式を積んでみよう!

 

 

 

 

 

早くするするスルルーに行きたいんですが、あいにく外海は荒れ模様が続いてます。

何週間かは身動きがとれそうにない(汗)

しかたないので予行演習です!

プリウスにスルルー2人分の道具を積み込んでみました。

 

積み込む釣り道具

トランクは奥行きはありますが、高さが少し低いのでどうかな〜

積み込む荷物はこちら

  • クーラー50L
  • クーラー35L
  • 40cmバッカン×2
  • 36cmバッカン×1
  • ロッドケース×1(上にもう一つ乗ります)
  • 磯靴×1

 

 

 

 

 

いつもと同じように収めていきます。

スポンサーリンク

ゲートの高さを超えているので、扉が閉まらないように見えますが、

この積載でちょうどウインドウに触れないないくらいに収まります。

ロッドケースが長いので、少しだけ後部座席を倒した上に伸びています。

それ以外は、ほぼトランクスペースに収まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

前から見るとこんな感じ。

まだまだ余裕があります。

クーラーがあと4個くらいは収まりそう。

これだけ余裕があれば、ベストや着替えなど積んでもまだまだ。

 

余裕の収まりで一安心

 

今回少し時間が合ったので釣具の積み込みの予行演習を行ってみました。

結果はご覧の通りで、私も一安心です。

入らなかったら目も当てられませんからねw。

 

あとは早く海が落ち着くのを待つばかり。

早く遠征に行きたいこの頃です。

 

次の釣行時は、燃費に関するレポートもしてみたいと思っています。

 

「REDの釣りマガジン」総合案内

スポンサーリンク